製品カタログ

増水量50㎥/日以上の海水淡水化装
置海水淡水化装置(小型可搬型)
LW-HPシリーズ

  • 50㎥/日、100㎥/日の二機種を準備
  • 装置が3分割でき、軽量、コンパクト、 キャスター付きで運搬、設置が容易
  • 屋外型で建物などの施工が不要
  • トータルメンテナンスシステムを導入
LW-HP

東レの逆浸透膜が活躍します!

私たちは昔から、飲料水など生活に必要な水を、天から降る雨から得てきました。
しかし、雨水は気象条件に左右されるため、安定的確保が難しく、このため海水を処理して飲料水を造る研究が進められ、数種類の海水淡水化法が開発されています。
このうち、当社の海水淡水化装置は、逆浸透(RO)法によるものであり、逆浸透膜を用い、ポンプにより海水を加圧するだけで、エネルギー効率よく真水を造ることが可能です。
逆浸透法は、水中の菌、ウィルス、微粒子はもとより、塩分、重金属、有機物を除去することができ、飲料水として安全性の高い水を造り出すことができる方法です。
この装置に使用されている東レの逆浸透膜は、わが国初のビッグプロジェクトである沖縄県(北谷浄水場)の海水淡水化プラントにご採用いただき、高い信頼を得ています。また、装置のメンテナンスについては、トータルメンテナンスシステムをご契約いただくことによって、長期間の安定的な運転維持のための保守管理を当社が責任をもって実施させていただきます。

逆浸透膜エレメントの構造

逆浸透膜エレメントの構造

仕様(50㎥/日の場合)

項目 仕様
造水量 50㎥/日
取水量 140㎥/日
排水量 90㎥/日
消費電力 30kW
概略寸法 W7000×D2000×H2400 *1、2
概算重量 3500kg(乾燥)、6000kg(運転時) *2
その他 海水タンクはオプション
屋外設置可能、3分割のユニット構成
低平床ロング4トン車で運搬可能 *2

注 *1 キャスター、レベルアジャスターを除く *2 タンクは含まず

フロー図

フロー図
  • ※本カタログは、記載の情報の適用によって得られる結果並びに本製品の安全性・適合性について保証するものではありません。ご使用にあたっては、その目的に応じて本製品の安全性・適合性についてご確認ください。
  • ※仕様及びデザインは、予告なく変更する場合があります。
製品に関するお問い合わせ

お見積り、資料請求などお気軽に電話またはフォームにてお問い合わせください。

このページの先頭へ