事例紹介

実験水、超純水の確保

実験水、超純水の確保

水処理の目的

実験水(無菌純水)の確保と経費削減。

開発経緯

2段方式のRO膜で水道水からローコストで無菌純水を精製する。

仕様

製品名(型番) 無菌純水装置
原水 水道水 方式 活性炭ろ過+RO膜+UF膜
規模 製造量 12㎥/日 納入場所(地域) 兵庫県
このページの先頭へ